Author Archive

2018年度OB・OG会が開催されました。

2018年度OB・OG会が開催されました。
11月17日(土),研究室のOB・OG会が開催されました。 現役の学生も含めておよそ40名の参加。毎年参加数が増えています。 写真は1次会の後の記念撮影。この後,2次会へ。夜遅くまで盛り上がりました。 幹事期(12期院卒)の皆さん,会場の手配,会計などありがとうございました。 また来年,元気に会いましょう!    

【速報】B4大方利希也君が2018年度日本建築学会設計競技で「タジマ奨励賞」受賞!

【速報】B4大方利希也君が2018年度日本建築学会設計競技で「タジマ奨励賞」受賞!
今年度,研究室のB4とM1全員が,2018年度日本建築学会設計競技「住宅に住む、そしてそこで稼ぐ」に応募しました。 8月2日に開催された全国一次審査会において、B4の大方利希也君が【タジマ奨励賞】を受賞しました。快挙です!おめでとう! 8月4日の日本建築学会大会(仙台)で表彰式が行われます。  

【2017年度卒業設計】丁佳蓉さんが建築学科賞,島田里沙さんが優秀賞を受賞!

【2017年度卒業設計】丁佳蓉さんが建築学科賞,島田里沙さんが優秀賞を受賞!
去る1月28日(日)に開催された「2017年度明治大学理工学部建築学科卒業設計講評会」において,当研究室B4の丁佳蓉さんが建築学科卒業設計賞,同島田里沙さんが優秀賞を受賞しました。おめでとうございます! 学科賞を受賞した丁佳蓉さんのプレゼンテーション 島田里沙さんのプレゼンテーション  

2017年度OB/OG会

先週末になりますが,11/11(土)は研究室のOB/OG会でした。在籍生も含めて約50名が参加して旧交を温めました。大河内研は今年で16年目。卒業生の数も140名弱に達し,建築設計関係を中心に各方面で活躍しています。いろいろ懐かしい話も出て楽しかったです。また来年も元気で会いましょう!幹事の木村さんをはじめ,幹事期(学部9期)の皆さん,ありがとうございました!  

【速報】長谷川貴哉君が,若手優秀発表賞を受賞!

OBの長谷川貴哉君(院14期)が昨年の日本建築学会大会(福岡)で若手優秀発表賞を受賞しました。  

2016年度卒業設計で五味大典君が優秀賞を受賞!

1/29日(日)に開催された2016年度卒業設計公開講評会で、B4の五味大典君の「御柱転生」が優秀賞を受賞しました。 よく頑張りました。おめでとう!                              

2016年度OB・OG会

2016年度OB・OG会
ご報告が遅くなりましたが,毎年恒例の研究室OB・OG会が,11月26日に新宿で開催されました。 およそ40名ものOB・OGが一堂に会し,旧交を温めました。 来年の幹事は,木村宜子さん(院11期,学部9期)です。 幹事の松井夏樹君(院10期,学部8期),ご苦労様でした。  

Tags:

韓国文化空間建築学会国際招待展

韓国文化空間建築学会国際招待展
ソウルで開催されている「韓国文化空間学会国際招待展」に研究室で取り組んでいるプロジェクトを出展中。会期は2016/12/09-12/16。 会場はソウル国立中央図書館展示室です。 <概要> 韓国文化空間建築学会国際招待展 会期 2016/12/09-12/16 場所 ソウル 国立中央図書館 展示室 www.kicaspace.com        

『ルイス・バラガン 空間の読解』出版記念トークセッション ルイス・バラガン再発見の旅

『ルイス・バラガン 空間の読解』出版記念トークセッション ルイス・バラガン再発見の旅

『ルイス・バラガン 空間の読解』出版記念トークセッション ルイス・バラガン再発見の旅 大河内学×廣澤秀眞×廣部剛司 メキシコを代表する建築家ルイス・バラガン。独特の色彩と抽象的な建築言語を駆使し、自然と建築の調和、 モダニズムと伝統の融合を目指した数々の傑作は今も色褪せることはありません。 このたび、『ルイス・バラガン 空間の読解』の刊行を記念し、著者である二人の建築家に建築巡礼で知られる建築家廣部剛司氏を加え、バラガンの建築についてのトークセッションを開催します。 本に掲載しきれなかった多数の写真を紹介しながら、バラガンの建築の魅力を解説すると同時に、 作品を深く読み解くことで見えてくる新たな発見について語ります。 どうぞお気軽にご参加ください! ■パネリスト 大河内学/建築家 1967年、東京都生まれ。1997年、東京大学大学院建築学専攻博士課程単位取得退学。1998-2002年、...

『ルイス・バラガン 空間の読解』(彰国社)出版のお知らせ

『ルイス・バラガン 空間の読解』(彰国社)出版のお知らせ

この度,彰国社より拙書『ルイス・バラガン 空間の読解』を上梓致しました. 本書は,2011年と2012年の2度にわたって行ったメキシコシティとその近郊にあるルイス・バラガンの主要な作品の調査で得られた知見を約3年の年月をかけてまとめたものです.研究室のOB廣澤君(当時メキシコ在住)との共著,図版の作成は研究室の学生の協力によるものです.内容的には6つの概念をもとにバラガンの思想と空間原理を解説するという内容ですが,これに加えメキシコの建築家フアン・パロマ-ル氏の論考や関係者のインタビュー,図面や作品マップも掲載し,とても充実した内容になったと思っています.オールカラー,写真は数点を除いて全て私が撮影した撮り下ろしです.デザイナーさんの協力を得てブックデザインにもこだわりましたのでとても綺麗な本に仕上がりました.今日から書店,Amazon等でも購入できますので,ご高覧頂けましたら幸いです. ...

Copyright © 2018 OKOLAB.net. All rights reserved.