Author Archive

イギリスの教会から集合住宅へのコンバージョンに見るスケルトンとの融和・対立・乖離

イギリスの教会から集合住宅へのコンバージョンに見るスケルトンとの融和・対立・乖離

修士2年の山本です。修士論文の成果を報告します。   背景と目的 イギリスでは、教会を住宅にコンバージョンした教会転用物件が不動産市場で扱われている。 教会から住宅へのコンバージョンが起こる背景 ①歴史的な建造物を保護する景観規制により古い建物が解体できない。 ②住宅の供給戸数の限定・住宅価格の高騰による慢性的な住宅不足。 ③1900 年代の都市部への人口流入により建設された教会が、脱宗教等で未使用になったが、簡単に壊せない。 ④教会のコンバージョン後の用途は、採算をとるために集合住宅や事務所が一般的である。 ⑤使用材料、構造、デザイン等が質が高いため、教会のコンバージョンへの投資が盛んである。 コンバージョンには主に以下の図の2つの手法がある。 図 主なコンバージョン手法 教会のコンバージョンはこれらの延長なのか。他のコンバージョンと何が違うのか。 ⇨これを明らかにすることが、...

教会から住宅へのコンバージョン手法に関する研究 —イギリスの事例に着目した分析—

教会から住宅へのコンバージョン手法に関する研究 —イギリスの事例に着目した分析—

修士2年の山本です。前期の修士論文の成果を投稿します。 私はイギリスにおいて教会を住宅にコンバージョンする例が増加しつつあることに関心をもちました。その上で教会らしさをどう克服・活用し住宅へコンバージョンしているのかを明らかにすることを主題としております。 図1 教会から住宅へのコンバージョンの例             —————————————————————————————̵...

都心型裏庭コミュニティ

都心型裏庭コミュニティ

1.問題意識 1−1湾岸の現状 湾岸に人々は非日常な空間を求めてやってくる。その際 ではそこに居住する人々の日常が存在している。点的な 開発が進み、点的な暮らしが民間中心の宅地開発により 強いられている。針をさしたようにマンションが乱立す ることで、地域としての関係性の希薄さが大きな問題と してある。 1−2非日常と日常の関わりかた 湾岸では非日常を提供する場として、大型商業施設がつ くられている。内部空間に非日常的なものを集約させて いるのだ。同じく、日常であるタワーマンションにも現 在、ある程度の生活に必要な空間は内包されつつある。 せっかく、周辺環境や周辺施設は整備され、巨大な面と して利用できるポテンシャルを持っていながら利用でき ていない。そんなバーチャル的に集約された非日常空間 と日常空間の2つで成立している街は、点としての暮ら しをさらに助長させ全体として無菌な街をつくりあ...

谷口吉生の美術館建築における軸線と構成 —アプローチと建築—

谷口吉生の美術館建築における軸線と構成 —アプローチと建築—

B4山本です。2014年前期の論文を掲載します。 1.序章  1-1背景 谷口吉生の建築で素材やディテールという面を抜きにして、建築的体験の上で、プロポージョンと空間構成といった点での明確な特徴とはなんなのか。彼の建築を配置図上で拝見したり、実際足を運ぶと、アプローチから内部の空間体験におけるまで至ってアシンメトリーであることに気づく。アシンメトリーな構成美とは、シンメトリーな西洋的な構えに対し、至って東洋的、日本的な構成である。彼の建築はしばし日本的と言われることがあるが、果たしてその要素とはなんなのか。日本的な建築として桂離宮が挙げられる。ブルーノタウトは、桂離宮に「永遠なる美」として日本の伝統美を見出したとして知られている。表現主義者であった彼は、視覚的な美とともに機能的な美を見出し、相互関係の豊かさを唱え、モダニズム建築の理念を日本的建築の中に発見したのだ。そんな桂離宮の空間特性の...

Copyright © 2017 OKOLAB.net. All rights reserved.