You are here: Home // コンピューテーショナルデザイン, 卒業設計2012 // DISTORTED GRID -月島超高層ビルディング計画-

DISTORTED GRID -月島超高層ビルディング計画-

画一的に空間が反復される建物は合理的ではあるが空間体験としての魅力が乏しく、空間同士の関係性が希薄で退屈だと思われた。また、表層的に形態操作がなされているものは内外の不一致を誘発するように見て取れ、それは建物の規模が大きい程、顕著に現れているように感じれた。

この計画は、現在の高層ビルディングタイプの形態の新しい可能性を探ることを目的とし、全体の空間構成として多様な場面展開と関係性を持つ建物を目指すものとする。

『グリッドを歪ませる』という幾何学的な操作を出発点とし、それらを建築的なボキャブラリーに置き換える。それらを簡略化された建物のモデルとして構成し、三次元的な歪みを与え建築形態を生成する。

三次元的な複数の歪みは、計画地における都市の特徴や周辺環境の諸条件に対応させるとともに、建物内部の機能や動線等の使われ方・各方位の景観・建物の見え方といった事柄と連動させる。これらの形態操作は、アルゴリズムによるシミュレーションを用いて行う。

得られた形態を元に、平面的・断面的なゾーニングを行う。柱とスラブの疎密によって空間に特徴を与え、空間どおしの関係性にバリエーションをもたせ、プログラムを組み込む。

 

ひとつひとつの空間が独立している『場』ではなく、全体としての関係性を『形』として持つような建物を目指した。

Copyright © 2018 OKOLAB.net. All rights reserved.