You are here: Home // 修士論文リスト // 修士論文リスト

修士論文リスト

 


2016

山本裕美子 イギリスの教会から集合住宅へのコンバージョンに見るスケルトンとの融和・対立・乖離
池上智 工場併用住宅における住工の共存様態とその形成過程 -東京都大田区大森南2丁目地区を対象として-

2015

長谷川貴哉 秋葉原地域におけるオタク系店舗の分布様態とその進出
釣井駿佑 高架下店舗の建てられ方に関する研究-新永間市街線及び新幹線高架橋(JR東京駅-新橋駅間)を対象として-
柏木雄介 隣地との関係からみた旗竿敷地の空地に関する研究-東京都豊島区巣鴨・西巣鴨地域を対象として-

2014

菊池孝平 スイスの現代住宅におけるエコロジーと表層に関する研究
櫻井貴 賃貸型集合住宅のリノベーションにおける外部空間の設計手法に関する研究
増井裕太 東京山手における住宅地の商業化過程と住居系建築物へのテナント進出の様態に関する研究-中目黒・代官山・原宿をケーススタディとして-
矢田元輝 ルイス・バラガンの建築作品における重層的構成と奥行きのシークエンスに関する考察

2013

新谷真由 ルイス・カーンのアンビルト作品における光の設計手法の研究―3Dモデルによる光の復元―
川原瑞紀 横浜市の歴史的建造物における問題点と保存・活用手法に関する研究
山口陽平 新宿大久保地域におけるエスニック店舗の分布と混在度に関する研究

2012

笈川 竜  GIS を用いた秋葉原地域におけるテナントの立地特性と変容に関する研究

木村宣子 ルイス・バラガンの空間構成手法に関する研究—奥行性を持つ絵画的空間の集合体としての建築—

鈴木将平 自然光を用いた時間の表現に関する研究-小豆島滞在型美術館計画-

若田 優樹 北京川底下村における住居形態の地形に対する調停メカニズムに関する研究

2011

寇佳意  日本と中国の比較から見た北京の現代集合住宅に関する研究

佐藤敦  ガラスの透明性を考慮した街路空間の三次元的な開放性に関する研究

2010

大津明香  サステナブル建築の外皮の設計手法-デザインと総合性に着目して-

神田綾乃  再開発事業地周辺における空地の分布とその変容に関する研究-六本木、玉川、東品川をケーススタディとして-

剣持美和  耕作放棄地を活用した市民農園プロジェクトの実現方策に関する研究

佐藤あかね  ジャン・プルーヴェのアルミニウムを用いた建築作品に関する研究-クラフトマンシップとデザインの関係性について-

高森仁美  都心の市街地再開発地区におけるペリフェリィの調査研究

松本尚浩  曲面建築論-近現代建築における曲面表現の諸相-

山田周平  秋葉原地域における空間利用とその変様に関する研究

2009

瓜生隆光  都市型商業建築における表層の表現に関する研究

山中健史  秋葉原における立体的用途分布に関する調査研究

2008

清水遙  東京都内におけるアーケード空間の形態学的研究

2007

大森庸正  多文化都市における店舗配置に関する研究-新宿区大久保におけるケーススタディ-

竹山博  首都高速道路都心環状線の車窓景観に関する基礎的研究

檜垣誠佑  大学キャンパスにおける街路網の構成に関する研究

宮崎愉枝子  建築空間における分節と結合の両義性-現代日本の住宅作品を対象に-

2006

古明地利郎  地方都市の中心市街地におけるまちづくり再考-さいたま市大宮駅東口地区を対象として-

近藤真弓  山手線の車窓における景観構造の基礎的研究

松本竜  美術館内の経路調査にもとづく建築空間の分析-金沢21世紀美術館におけるケーススタディーー

松田文男  現代の国内狭小住宅における接続素と空間連続体に関する研究

畠山佳  経路の冗長性・曲折性からみた東京都区部における住宅地の「奥行」に関する研究

安田絵美  東京の路地空間に見る領域と境界構造-神楽坂・本郷・麻布・根津のフィールドワークに基づく調査分析

2005

杉山大悟  東京都区部における低層住宅地の「奥行」

2004

阿部充隆  東京における坂道の境界性-建物密度,容積率を用いた番町,麻布,湯島におけるケーススタディ-

大川友規  街路沿いのオープンスペースに関する研究-建築用途との関係性及びオープンスペース群に関する考察-

2003

磯真之介  街路沿いのオープンスペースに関する形態学的研究

Copyright © 2017 OKOLAB.net. All rights reserved.