近代化産業遺産の保存・改修に関する研究―新町紡績所の改修計画―

  M2 黒坂貴大です。 修士研究が完了しましたので、投稿させていただきます。   背景と目的    現在、地球温暖化等の環境問題、また世界規模の経済的問題などの背景により、サステナブルやローコストといった観...

...続きを読む

仮設集合体-アルゴリズミック・デザインを用いた集合体の生成手法に関する研究-

M2 松井 夏樹です。修士設計の報告をさせていただきます。   0-1研究の背景と目的 集合体建築は、集落等に見られるプリミティブな建築形態のひとつであり、現代でも多くの建築家が手掛けている。しかし、集合体建築は、単位空間の微妙な...

...続きを読む

音楽のある風景 -馬車道コンサートホール-

どこにいても世界中の音楽が聴ける現代 それでもなぜ我々はホールへ足を運ぶのか コンサートホールはなぜ建てられ続けるのか    コンサートホールは高い壁で覆われ中に入る機会がないとその建物の良さや様子がわからない 本来都市...

...続きを読む

diploma2011多世代をつなぐ壁~未来の集合住宅×保育園×ケアハウス~
卒業設計が無事に終わったので投稿します 今は少し立て込んでいるので簡単にアップさせていただきます 後日詳細をアップします  

...続きを読む

【雲】-多文化都市をつなぐ立体格子-

■都市にかかる雲:イントロダクション 自己完結した自閉的な建物群。 自然発生的に完成した都市。 依存し合う空間、強く閉ざされた壁。 その状態を地形のように捉え、雲をかけました。 雲、という弱い境界を壁の外に新しくつくりました。 雲は生活を壁...

...続きを読む

都市への孵化-Incubation of culture school-

□背景 東京都心部では戦後、特に高度経済成長期において業務地化が進行し、日本経済を担う多くの業務機能が集積してきた。この中で80 年代のバブル期にはオフィス床需要が急増し、多くの投機的なビル建設が行われたが、2000 年以降は相次ぐ大規模再...

...続きを読む

町家工場集合体|都市とつながる住工調和型集合工場

1-1 背景 大田区は工場数 4,362、従業員人数 35,741 人と共に東 京都の市区町村中1位を誇り、「ものづくりのまち」と して知られている。それらの工場のほとんどが「町家工場」と呼ばれる住居が工場の上にのっているような住工...

...続きを読む

2011年度卒業設計公開講評会

2012年1月29日,明治大学紫紺館にて,卒業設計公開講評会が開催されました. 建築空間論研究室からは2名がエントリーしました.厳正な審査の結果, 丸山璃莉さんが卒業設計建築学科賞, 飯田周悟君が生稜賞を受賞しました! 過去の研究室の歴史で...

...続きを読む

Copyright © 2020 OKOLAB.net. All rights reserved.