EVスタンドへのコンバージョン

B4の高屋です。卒業設計の計画案を発表します。駐車場やガソリンスタンドなどの交通ネットワークに関わる施設はあまり開発されていなく、都心部でのこういった施設は空虚感を与えるものが大きい。また、交通ネットワークはEVやカーシェアリングなどの登場...

...続きを読む

2012年OB会

OB会の報告です。 11月10日大河内研のOB会がありました!今年の幹事は四期の先輩方です。 10周年だった去年同様、今年も多くのOBの方々にお会いすることができ、とても楽しかったです。 乾杯の後はそれぞれ自己紹介と近況報告をしていきまし...

...続きを読む

2012年度見学会

大河内研究室では毎年前期・後期各一回、年二回建築見学会が行われます。 今年度は 前期:浅草文化観光センター / 隈研吾建築都市設計事務所 後期:町田市新庁舎 / 槇総合計画事務所 の2つを見学しました。 – – &#...

...続きを読む

北京ワークショップ Pekin Univ. & Meiji Univ.

2012年8月30日から9月6日まで行われた北京ワークショップについての報告です. ワークショップ(WS)は中国の北京大学、王(ワン)研究室の学生7名と本研究室の学生11名の計18名で行いました.   WSの課題としては、北京の南...

...続きを読む

ゼミ合宿2012

ゼミ合宿の報告です。 8月25日-27日、清里セミナーハウスでゼミ合宿を行ってきました。清里のセミナーハウスは大河内研が隔年でお世話になっているセミナーハウスですが、去年がイレギュラーだったため、M2含めメンバー全員が初の体験でした◎ 【一...

...続きを読む

中国北京集落現地調査~川底下村~

 M2 若田優樹です。   8月31日~9月4日まで北京川底下村に集落調査に行ってまいりました。  集落は北京から西に90km行ったところにあります。  川底下村は民清時代に形成され。住居形式は四合院...

...続きを読む

北京川底下村における地形と集落の空間構成の関係性の研究

  序論   0-1研究の目的と背景 「川底下村」は北京市西部から約90kmに位置する伝統的集落である。南西側に傾斜した地形に沿って、ひな壇上に四合院の住戸群が約76戸あまり配置されている。「川底下村」は、宿場、防衛拠点...

...続きを読む

『竹を活用した仮設建築の設計-千葉県南房総市における里山プロジェクト-』

M2齋藤和也です。 『竹を活用した仮設建築の設計-千葉県南房総市における里山プロジェクト-』 1.序論 1-1.研究の背景  環境共生の意識が高まる中で、地場産の建材を代表する竹材は特有の靭性を持ち、繊維方向が木材と同等の強度を持つため、...

...続きを読む

修士2年 鈴木将平 0.はじめに 建築の設計において、考慮しなければならない事項は非常に多岐にわたっている。法規や必要とされる条件のようなはっきりと満たす/満たさないの判断が比較 的容易で、設計者が客観視することが可能な事項がある。その他...

...続きを読む

Copyright © 2020 OKOLAB.net. All rights reserved.