雑司が谷・鬼子母神界隈の再編―参道を軸とした新しいコミュニティ―

参道を軸とした二対の建築を媒体に、地域の新しいコミュニティ空間を作る提案。   1.背景—雑司が谷という街— ―古い街並み、生い茂る緑、モノで溢れた路地空間、子育の神・鬼子母神。― 都心にありながらも閑静な住宅街が広がる雑司が谷...

...続きを読む

坂出人工土地再生計画―人工地盤の再定義―

  0.はじめに   “かたち”はいかにして残り続けていくのか。都市において病的要素になりつつある強い“かたち”を残しながらその意味を書き換えることができたら、その“かたち”は都市にとって新たな価値を与えることができる...

...続きを読む

1/29日(日)に開催された2016年度卒業設計公開講評会で、B4の五味大典君の「御柱転生」が優秀賞を受賞しました。 よく頑張りました。おめでとう!             ...

...続きを読む

2016年度OB・OG会

ご報告が遅くなりましたが,毎年恒例の研究室OB・OG会が,11月26日に新宿で開催されました。 およそ40名ものOB・OGが一堂に会し,旧交を温めました。 来年の幹事は,木村宜子さん(院11期,学部9期)です。 幹事の松井夏樹君(院10期,...

...続きを読む

韓国文化空間建築学会国際招待展

ソウルで開催されている「韓国文化空間学会国際招待展」に研究室で取り組んでいるプロジェクトを出展中。会期は2016/12/09-12/16。 会場はソウル国立中央図書館展示室です。 <概要> 韓国文化空間建築学会国際招待展 会期 2016/1...

...続きを読む

2016年度 秋学期建築見学会

秋学期建築見学会の報告です。 大河内研究室では、見学会が春学期と秋学期に二回開催されます。 秋学期は、2016年9月27日(火)に、 2016年春、東京・天王洲アイルにオープンした、 「建築倉庫」へ見学に行きました。 この「建築倉庫」は、模...

...続きを読む

2016年度 ゼミ合宿in福岡

ゼミ合宿の報告です。 毎年、大河内研究室は夏にゼミ合宿に行きます。今年は博多でした! 2016年8月23日(火)―8月25日(木)の二泊三日です。 B4の春学期小論文発表と卒業設計構想発表、M2の修士論文・設計の中間発表を行いました。 発表...

...続きを読む

現代建築の残余空間とラインの関係性に関する研究 ーSANAAの作品を軸としてー

B4の大滝です。春期の研究内容を発表させていただきます。 序章 0-1. 研究の背景と目的 0-1-1. ポシェの変遷 建築におけるポシェとは、建築の残余空間のことを指す。この概念の歴史は非常に長く、本来は建築の構造を受け持つ部分、空間を図...

...続きを読む

建築空間における柱の機能と意味 篠原一男の住宅作品を対象として

B4の五味です。春期の研究内容を発表させていただきます。 キーワード:篠原一男 柱 機能 意味 序章 1-1研究の動機と背景  近年の建築技術の発展に伴い、建築の空間や部材の表現は飛躍的に増加している。柱を例とすると、本来は構造材として用い...

...続きを読む

工場併用住宅が持つ空間特性に関する研究 - 東京都大田区大森南地区を対象として-

M2の池上です。修士論文について、研究の途中経過を報告致します。 私は工場併用住宅がもつ、異種用途の混合が生み出す形態について関心を持ちました。決して相性の良くない工場と住宅の用途が一つの建築の中で実際にどのように構築されているのかを明らか...

...続きを読む

Copyright © 2017 OKOLAB.net. All rights reserved.